英語でカイトとは凧(たこ)。でもそれはある鳥の名前です。言われてみれば?

 

カイトと言ったら、恐らく多くの方が「凧(たこ)?」と答えるのでは
ないでしょうか? 仰る通り、正解です。

ただ、kite(カイト)には、別な意味がありました。
それは何でしょう?

 

ヒントは、上手く飛ばせなかった時の凧の落ち方?をイメージすると・・
どんな風に落ちていますか?

 

そう、くるりと輪を描いて落ちませんか?
つまり’kite‘とは「トビ」の事でした。

 

ちなみに、どうして’kit‘はキットと読むのに、’kite‘はカイトと読むのか・・
その辺を私の英語教室CozyETFでは、生徒さんの要望が出た時や、問題点を察した
などに話させて頂いているんですよ。
トビが今、空を飛んでいます。」を英語にすると、
A kite is flying in the sky.(アカイト イズ フラインングィンザスカイ)”
となります。

 

まとめ
・「トビが今、空を飛んでいます。」を英語にすると、
A kite is flying in the sky.(アカイト イズ フラインングィンザスカイ)”
CozyETFのホームページを覗いてみる

 

 

ジャパニーズイングリッシュで英語を気付かずに使っている例シリーズ

その29 ヘイトスピーチ

その30 ゲームセンター

その31 サーブ

その32 おにぎりをラップで包んでチン

その33 スキャンダル

その34 ホーンテッドマンション

その35 リーブ21

その36 クレーン

その37 ページなどを飛ばす

その38 品がある、品が無い

 

■格安英会話スクール!CozyETF
新宿区神楽坂2-16 MSビル201
飯田橋駅から徒歩2分!!

【格安英会話スクール!CozyETFのホームページはこちら】
http://cozyetf.biz/
【営業時間・スケジュールはこちら】
http://cozyetf.biz/timetable/
【当教室についてはこちら】
http://cozyetf.biz/concept/