英語で「捨てる」 3種類の覚え方

 日本語で「捨てる」と言えば要は何でも捨てるのですが、
英語では’throw away‘, ‘dump‘, ‘dispose of‘と、私の知っているだけでも
3種類が思いつきます。

 

 まず’throw away(スロウアウェイ)’は、throw:「投げる」の単語が付いている
通り、ポイ捨てに使います。

 

 次に’dump(ダンプ)’ですが、こちらは投げ捨てられないくらいのものに使います。
 そして最後に’dispose of(ディスポウズォブ)’ですが、こちらは「破棄する
的な、ニュアンスを持つものです。
 そして、初心者マンツーマン英語CozyETFではこれらを「音のイメージで使い分けて下さい
と言っています。
 ’throw away‘:「ポイ捨てする」,
dump‘:「ドサッと捨てる」,
dispose of‘:「破棄する

 思えば、ダンプカーは砂などを積んできて、ドサッと捨てるのでダンプカーと言うのでしょうね。disposer(ディスポーザー)は、オレンジの皮などを破棄しているのでこんな名前なのだと思います。

 これら、上手く使い分ける事が出来るといいですね。
まとめ
・’throw away‘は「ポイ捨てする
・ ‘dump‘は「ドサッと捨てる
・ ‘dispose of‘は「破棄する
初心者マンツーマン英語CozyETFのホームページを覗いて見る

 

■格安英会話スクール!CozyETF
新宿区神楽坂2-16 MSビル201
JR飯田橋駅から徒歩5分!地下鉄飯田橋なら1分!!
水道橋や市ヶ谷、後楽園、九段下、江戸川橋、牛込神楽坂、春日、神楽坂からも隣駅!

 

【格安英会話スクール!CozyETFのホームページはこちら】
http://cozyetf.biz/
【営業時間・スケジュールはこちら】
http://cozyetf.biz/timetable/
【当教室についてはこちら】
http://cozyetf.biz/concept/