パシュート?パスート?(平昌五輪)

今日も平昌五輪を応援していました。すると・・?

気になる競技名が・・・

 

それはパシュート・・?

 

英語表記は’persuit‘、意味は「追い掛け」や「追跡です。

どうしてpershootでもないのに、「パシュート」なのだろう?

 

と辞書を見て見ると、イギリス発音は「パスート」とも「パシュート」とも言っているようです。

(確かに、‘t’の音が後に続くと、それは「シュ」のようになるとも聞いた事があります。)

 

ではまさか・・私達が背広を「スーツ(suits」と呼んでいますが、まさかこれもイギリス発音では

「シュート」と読む事があるのでは!?

 

ケンブリッジ辞書発音表記を見て見ると・・?

 

なんだ、これは私達の思っている通り「スーツ」で良いようです.

英語の発音はどうも規則に乗っ取ってない様で好きになれませんよね。

 

 

私は昨夜、パシュートを見ていました。」と英語で言うなら

I watched Persuit last night.(アイウォッチト パォスート ラストナイト)”

 

何故そこでseeやlook atでなく、watchを使ったのですか?」と言う疑問に貸しては

初心者マンツーマン英語CozyETFでは中学復習その「その4」他、良いと思ったタイミング

話させてもらっています。

 

まとめ

私は昨夜、パシュートを見ていました。」と英語

I watched Persuit last night.(アイウォッチト パォスート ラストナイト)”

初心者マンツーマン英語CozyETFのホームーページを覗いてみる

 

■格安英会話スクール!CozyETF
新宿区神楽坂2-16 MSビル201
JR飯田橋駅から徒歩5分!地下鉄飯田橋なら1分!!
水道橋や市ヶ谷、後楽園、九段下、江戸川橋、牛込神楽坂、春日、神楽坂からも隣駅!

 

【格安英会話スクール!CozyETFのホームページはこちら】
http://cozyetf.biz/
【営業時間・スケジュールはこちら】
http://cozyetf.biz/timetable/
【当教室についてはこちら】
http://cozyetf.biz/concept/