ブログ

2016年09月29日

lyを付けても副詞とは限らない英単語の例、1つ目

その昔、『大部分の形容詞の最後にlyを付けると副詞になります。

「~い、~な」の意味が、「~に」乃意味になりますよ~

 

なんて学生時代に習ったのではないでしょうか?

 

・・とそもそも、英語興味を失った頃に聞く話なので覚えてないかも知れないのですが、

これだけは知ってて欲しいです。

 

“ly”を付けても必ずしも副詞にならない英単語を2つ・・しかも1つは

大きく意味が変わりかねないので要注意です。

 

そして、一つ目の有名な例は、’hard’です。

 

It rains hard.”の’hard’は「強く、きつく」と言う副詞になるので、

ひどく雨が降っています。」となるのですが、これを

It rains hardly.“とすると、「滅多に雨は降りません」と言う全く違う意味になります。

 

hardly‘は「滅多に~しない」と言う、物の頻度を表す別物の副詞なんですよ?気を付けて下さいね。

 

えっ!?“It hardly rains.“にしろと言われたんですが!?』と言う声が聞こえて来そうです。

 

ってその副詞の位置に関しては次回のブログにて。

 

まとめ

‘hardly’は「滅多に~しない」と言う、物の頻度を表す別物の副詞

CozyETFのホームページを覗いてみる。

 

■格安英会話スクール!CozyETF
新宿区神楽坂2-16 MSビル201
飯田橋駅から徒歩2分!!

【格安英会話スクール!CozyETFのホームページはこちら】
http://cozyetf.biz/
【営業時間・スケジュールはこちら】
http://cozyetf.biz/timetable/
【当教室についてはこちら】
http://cozyetf.biz/concept/

2016年09月29日

直訳無駄フレーズ Hang in there! 頑張れの表現はいくつかあるのですが・・

頑張れ~!」と言う表現をしたくて、

 

ファイト!(Fight!)」と言ってみました。

 

正解です。

 

 

一方、禁煙の中、吸いたい誘惑に耐えてる方がいらっしゃいました。

頑張れ~!」の気持ちを込めて

 

ファイト!(Fight!)

 

・・・・(汗)

 

なんか違う気がしませんか?「頑張って前へ進め!」的な応援ならFightでもちろんいいのですが、

頑張って持ちこたえろ!」的な応援には次の

 

Hang in there!(ハンギン ゼア)

 

を使います。日本語は1つの表現で両方表現出来てたんですね~。

 

プライベートレッスンに限らず、CozyETFではこんな勘違いに気づいたらなるべく指摘出来るように

心掛けています。また、こう言う微妙なニュアンスの違いを説明出来るのは、正直、日本人の

英語講師だと思っています。

 

まとめ

「頑張って前進!」的な応援には「ファイト!(Fight!)」ですが、

 「頑張って持ちこたえろ!」的な応援には“Hang in there!(ハンギン ゼア)”

CozyETFのホームページを覗いてみる。

 

直訳無駄フレーズシリーズ

1.Let’s call it a day.

2.First come first served.

3.That’s life.

4.Beside the point.

5.Let’s keep our fingers crossed.

6.We’re all in the same boat.

7.Say when.

8.Take it or leave it.

9.I’m all ears.

 

■格安英会話スクール!CozyETF
新宿区神楽坂2-16 MSビル201
飯田橋駅から徒歩2分!!
【格安英会話スクール!CozyETFのホームページはこちら】
http://cozyetf.biz/
【営業時間・スケジュールはこちら】
http://cozyetf.biz/timetable/
【当教室についてはこちら】
http://cozyetf.biz/concept/

2016年09月28日

英語で「色々とありがとう」使える表現と構文シリーズ

いつも”Thank you.“でももちろんいいのですが、「いつもありがとう。

あれも、それも含めて全部ありがとう!」と言いたい時があります。

 

そんな時は

 

Thank you for everything.(色々とありがとう)

 

と言う表現があります。 この”for“は、「原因、理由のfor」と言う奴でして、

 

謝る時にも”I’m sorry for..“なんて付け加える時がありますし、

 

そう言えば、”Thank you for your kindness!(ご親切にどうも)“などと、この表現だけをご存じの方が

多いのは何故・・・(汗)

 

上のように、「このfor」は何?と回答も得ずに、フレーズをとにかく繰り返して覚える・・

と言う学び方は私は否定派です。すみません。何故なら日本にいながら物凄い数を聞かなければ

ならないというのは無理がありませんか?

 

まとめ

色々とありがとう英語Thank you for everything.

・このfor原因理由のfor

CozyETFのホームページを覗いてみる。

 

英語で使える表現と構文シリーズ

1.お話はたくさん伺っております。

2.試着しても宜しいですか?

3.それ気付かなかった。

4.コーヒー?ミルク?

5.レストランのメニューに関して質問

6.値引きしてくれませんか?

7.~には満足していますか?

8.食べ放題

9.のぼせる

10. ストレス解消する

11. たまたま

12. 私それ全然知りませんでした。

13. トイレお借りしても宜しいですか?

14. 助けてもらえませんか?

 

■格安英会話スクール!CozyETF
新宿区神楽坂2-16 MSビル201
飯田橋駅から徒歩2分!!

【格安英会話スクール!CozyETFのホームページはこちら】
http://cozyetf.biz/
【営業時間・スケジュールはこちら】
http://cozyetf.biz/timetable/
【当教室についてはこちら】
http://cozyetf.biz/concept/

2016年09月28日

直訳無駄フレーズ I’m all ears. 意味は?

 

今回は軽いクイズ?形式で・・”I’m all ears.“の意味を推測してみましょう。

学生時代、近くでこんな話をしている女の子たちがいました。

 

A: “You know what? I saw Satoshi(仮称) in Shinjuku by chance.(聞いて。私新宿でサトシを偶然見掛けたのね)”

B: “Ah ha.(ふーん)”

A: “Then, he was walking with Jane(仮称)(そしたら、彼、ジェーンと歩いてたの!!!)”

B: “!!!Oh, my!!(マジ~!)”

C: “What!? What!? Let me join the talk! Actually I wonder their relationship a little. I’m all years!

(何々!?話混ぜて!実際のとこ、私彼らの関係をちょこっと疑わしいと思ってたの。●●●●!)

 

と言う訳で、この会話の中からI’m all years!の対訳に当たる●●●●の部分を予想してみて下さい。(^-^)b

 

回答は下のまとめの中にありますよ。

 

直訳無駄フレーズシリーズ

1.Let’s call it a day.

2.First come first served.

3.That’s life.

4.Beside the point.

5.Let’s keep our fingers crossed.

6.We’re all in the same boat.

7.Say when.

8.Take it or leave it.

 

まとめ

I’m all years.「是非聞かせて下さい。」

CozyETFのホームページを覗いてみる。

 

■格安英会話スクール!CozyETF
新宿区神楽坂2-16 MSビル201
飯田橋駅から徒歩2分!!
【格安英会話スクール!CozyETFのホームページはこちら】
http://cozyetf.biz/
【営業時間・スケジュールはこちら】
http://cozyetf.biz/timetable/
【当教室についてはこちら】
http://cozyetf.biz/concept/

2016年09月27日

ボタンはポルトガル語!英語のbuttonの英語の発音、読み方は?

ボタン英語ではbuttonと言います。

こちらの発音は「トゥン」と読みます。(太字はアクセントの付くところです)

 

最初に「ボタン」と発音されたのは何故・・?と思ったら、これはポルトガル語でした。

ボタンとはジャパニーズ・ポーチュガルだったんですね。(汗)

 

ではクルクル回すあのバトン英語で何と言うのかと思ったらこれは

baton(バェトゥンもしくは バタェン)“だそうです。

 

これら二つ、発音を混乱しそうですが、

タンの重さは何トンですか?答えはバトゥンです。

バトンを回していたらタェンと倒れた

とこちらの2つの語呂合わせでいかがでしょうか?

 

 

~まとめ~

1.ボタン(button)英語で「トゥン」、

バトン(baton)英語で”(バェトゥン、もしくは タェ)”

2.CozyETFのページを覗いてみる

 

 

英語発音間違いの罠シリーズ

その1 アクアリウム
その2  コメディアン

その3 ウィルス

その4 スタジアム

その5 ミセス

その6 カナダ

その7 タオル

その8 スタジアム

その9 ハム

その10 ウォーニング

その11 アレルギー

その12 腰をウエスト

 

■格安英会話スクール!CozyETF
新宿区神楽坂2-16 MSビル201
飯田橋駅から徒歩2分!!

【格安英会話スクール!CozyETFのホームページはこちら】
http://cozyetf.biz/
【営業時間・スケジュールはこちら】
http://cozyetf.biz/timetable/
【当教室についてはこちら】
http://cozyetf.biz/concept/