英会話教室の特徴

飯田橋から徒歩2分の所にある英会話教室『CozyETF』では、一対一のマンツーマンレッスンから、グループでのレッスンまでございます。

グループレッスンでは、「周りについていけるかな?」という心配は、一切不要です。

分からないところは何度でも、できるまでフォローし、初めての方でも参加しやすいプログラムを組んでおります。

こちらでは、そんな当教室の特徴をご紹介いたします!

ポイント1 お子さんのまさかの質問にも安心して答える事が出来るようになる!

お子さんは意外な質問を投げかけてきます。
そんな時、英語への質問に対する正しい答え方をお教えします。
下はホンの一例…

1.「an apple」、速く発音したらどうして「あんなっぷる」に聞こえるの?
2.「場所のinとat」、どうやって使い分けるの?
3.He playsの「s」って何?
4.「○○」はどう発音するの?
5. 外人さんに道を聞かれた時、どう答えたらいいの?
6. 海外で税関を通る時、買い物するとき、何と言ったらいいの?
7. 桁数が大きい数字の簡単な読み方を教えて。

時には図を書いたり、身近な実例を出しながら楽しく教えます。
もちろん、他にもお子さんからの唐突な質問も多いかと思います。
ある程度の準備をしておくと、お子さんの疑問にすんなり答えられるようになりますよ♪

pic_concept02

ポイント2 駅から近いので便利!

お仕事帰りや、お買い物帰りの方にもぴったり!

地下鉄なら雨の日でも安心!

B4b出口を出て、徒歩20秒!道路を挟んで右斜め前です。

お気軽にお越しください。

ポイント3 英単語を思い出せなかった時のヒントを解かりやすく教えてくれる!

授業中、思い出せない単語ってありませんか?
そんな時は楽しく思い出せるようなヒントを出すようにしています。

1.今『運ぶ』と言う単語を、英語で言いたいです。
YOSHI  「・・・ぱみゅぱみゅ?」

生徒さん  「・・・!!?えっ?」
YOSHI  「まらいあ・・??」
生徒さん  「・・・carry!!」

YOSHI  「ピンポーン!」

2.今、『visit』と言う単語、知っていたのにサクッと出てきませんでした。
YOSHI  「『visit』って『vis』と『it』を足した単語だったんですよ。聞いた事ございました?」
生徒さん  「・・・!!?えっ?」
YOSHI  「短い単語なので気付きづらいのですが、ビジョンとかビジュアル系の『vis』は『visit』の『vis』と同じで、『見る』と言う意味なんです。」

生徒さん  「『it』は何ですか?」
YOSHI  「『it』は『Go!』、つまり『行く』と言う意味なんです。
私達は『visit』を『訪ねる』と丸暗記しましたが、これは『見に行く』と言う意味なんですよ。
同時に『curcuit(circle+go)』、『exit(ex+go)』なんて単語もこの『it』が付いてると 知っていたら思い出すいいキーになりません?(^-^)」
 生徒さん  「え~、全然知りませんでした。」

当英会話スクール『CozyETF』では、特に中学復習プライベートレッスンと中学復習グループレッスンクラスでは日本語で授業が進みます。
そして、生徒さんが自身で解答にたどりつけるように導きたいと思っています。(時々ダジャレですみません。(^-^;)
さらに、講師YOSHI自身は丸暗記を苦手としている人間ですので、
出来るだけ効率良い覚え方をお教えできればと思っています。

ポイント4 理解を確認出来る補習ページがもらえる!

1.CozyETFの中学復習プライベートレッスンや中学復習グループレッスンクラスでは、

  毎回無料で補習ページを差し上げています。

CozyETFにてアンケートを行ったところ、
「補習ページがあるのが良いです、重宝しています。」 と言うご意見を多く頂きました。
嬉しい事、この上ないです。


2.前置詞覚え唄をお渡ししています。

「~の側で」「道路で」「~に乗って」「○○日に」「~語で」・・・

私YOSHIが特に必要と思っている前置詞の21種類を歌にしました。
授業順序番号1の際にプリントでお渡しします。

ポイント5 安い!何故?

まず何よりも安く英会話を教えたいと思いました。

当英会話教室『CozyETF』は私YOSHI一人で運営しております。
これにより、人件費、教材作成費、宣伝費などを最小限に抑え、低価格を 実現しております。

そのため、予約受付は基本的にインターネット上からとなっております。(電話受付は後述)
インターネットのご利用が得意でないという方は、教室扉前に備え付けてある箱から、記入用紙を使ってご連絡先を頂いております。
お手数をおかけしますが、宜しくお願いします。

ポイント6 英文のリピートより、あなたの気持ちを英語にする事が大事です!

あなたの気持ちを英語にする事が大事です!
英文のリピートは大事です。"take a shower"と言うフレーズを例にとりましょう。
単純に英訳をしようとして、「シャワーを浴びる」を英語にしようとしたら「浴びる」と言う英単語できっと迷います。
そんな時の為にリピートは避けては通れませんが、"take a shower"、"take a shower"、"take a shower"…
このようにただ暗記主体の学習では、ご自身の気持ちを英語で表現出来るようには、恐ろしい数の英文を 暗記する事になります。それは避けたいところですよね? 

CozyETFのレッスンでは、英文をご自身の気持ちとして先頭から順に口に出していく方法を教えています。
 『中学復習レッスン』と名乗っておりますが、ここでは和訳、英訳を教える訳ではありません。
先頭から、英単語を一つずつ口に出して行く練習をしています。 
そんな先頭から口にする、「当たり前」の会話を練習しましょう。 

ポイント7 中学授業とは別の角度から

「いつも目からウロコです。」と言う意見を頂いております。

よく来て下さる生徒さん達に、当スクールに関するアンケートを取りました。

一番多かった意見が「いつも目からウロコです。」と言う意見でした。

例えば…

1.当スクールでよく焦点を当てる、「日本語とは違う発音」

2.クリスマスイブの「イブ」って何?

3.大きい数字の英語での読み方

4.「水金地火木」の覚え方を英語で

5.道案内時の「右」、「左」で迷わない為には

その他、学生時代ではなかなか聞く機会の無かったお話を色々させてもらっております。

pic_concept03

ポイント8 授業で浮かんだ疑問は授業の時間内に!

判らないままタイムアップはさせません!

授業中、英語以外許されない英会話スクールはとても多いと思います。

以下のような質問は日本語での質問解答が許される学校なら、すぐに終わる質問の典型例です。

1."a"と"the"の違い、10秒で教えます。

2.どうして場合によって「at」が好まれ、「in」が好まれるのか、明確に教えます。

3.英語での数字の読み方、明確に教えます。

4.どうして「an apple」が「あんなっぷる」に聞こえるのか、明確に教えます。

3は特に、生徒様から『目からウロコ』との感想を一番頂くところかもしれません。
上記は、生徒様から良くある質問の中でもホンの一握りかと思います。

判らないことを、判らないままタイムアップはさせません。

pic_concept04